デジタル一眼が人気商品へ

デジタルカメラはバッテリーと記録メモリーが続く限り撮ることができ、それまでの銀塩カメラでは限られた枚数しか撮れなかったカメラが劇的に変化をしました。

銀絵カメラでは確認できず現像しなければどのように写っているのかが分かりませんでしたが、デジタルカメラは液晶画面が付いていて、撮ってその場で確認できるのが利点で、パシャパシャ撮って気に入らなければ消すということもできます。

デジタルカメラはパソコンとの相性が良く、パソコンに移して大画面で見たり、写真をインターネットに簡単にアップロードできます。 銀塩カメラにはできなかった動画撮影機能も付いていて、気軽に写真や動画を撮れるようになりました。

デジタルカメラが出てきた時には高価でまだ発展途上で、メモリーの容量や画素数が少なく銀塩カメラに置き換わる存在にはなれなかったのですが、技術が発展するごとに画質やメモリーの容量が増えてきて、価格も下がってきたので劇的に普及するようになりましたが、デジタルカメラにも曲がり角がありました。

携帯電話にカメラ機能を搭載するようになったことにより、カメラ代わりに使うようになったのです。

普及しているコンパクトデジタルカメラとあまり変わらないような高画質の携帯電話が出てきました。

カメラメーカーは携帯電話のカメラ機能と差別化するため、より高画質にできるデジタル一眼カメラを一般消費者に向けて売り出したのです。 デジタル一眼と携帯電話のカメラ機能の違いは画質の優劣を決めるセンサーの大きさと、取り外しのできるレンズです。

センサーが大きなカメラでは高画質に写せることはもちろんのこと、背景をボカす事ができるのでプロ並みの芸術的な写真を一般ユーザーも気軽に撮れるようになります。

取り外しのできるレンズを使用することにより、ズームの倍率を変えたり魚眼レンズなどユニークな写真を撮ることもできます。

デジタルカメラメーカー各社はデジタル一眼カメラに力を入れています。